Blog

FinderCam には Aviary という画像編集ライブラリを使っているのですが、Aviary のライセンス上の問題でストアから削除しました。
時間はかかりますが、iOS8 対応にして復帰するつもりです。

中々 iOS8 への対応が進みませんので、古いアプリは無料化しました。
そのうちアップデートするつもりですので、多少不便でもダウンロードしておいていただけると後で美味しいかもしれせん。(すぐにアンインストールすればいいですし)

2014/7/27の「神戸芸術工科大学プロダクトデザイン学科のオープンキャンパスでのiBeacon利用実験」で弊社のアプリ「Sense – receptor for iBeacon」を利用していただきました。『体験!デジタル宝探しをしてみよう!』として案内されています。
アプリックス社製のiBeaconをプロダクトデザイン学科の各所に10個配置し、各iBeaconに関連した動画を見ていただく仕組みです。
iBeaconはプロダクトデザイン学科で製作されたケースに入れてセッティングされています。
「神戸芸術工科大学プロダクトデザイン学科のオープンキャンパスでのiBeacon利用実験」は8/10,8/24にもありますので機会がありましたらお立ち寄りください。

神戸芸術工科大学オープンキャンパスの情報はこちら
Photo 2014-06-12 18 10 40

実は6/15,6/22のオープンキャンパスでもご利用いただいていたのですが調整不足もあってあまりスムースに動画を見ていただけませんでした、7/27にはその点も解決しておりようやく実用になりました。(iOS7.1.2になってOSのバグが解消したというのもありますし。)
Sense の最新バージョン(2014/7/28現在で1.1.1)とiOS7.1.2以降の組み合わせでご利用下さい。

Sense について詳しくはこちら
Sense は既設のiBeaconにもすぐに対応でき、公開前の設定を事前に確認する事もできますのでちょっとしたiBeacon実験にも活用していただけます。

ダウンロードはこちらから
Download_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40

神戸芸術工科大学プロダクトデザイン科のオープンキャンパスでのiBeacon利用実験Sense – receptor for iBeacon のイベントが更新されました。
先週に引き続き6月22日に行われる「神戸芸術工科大学プロダクトデザイン科のオープンキャンパスでのiBeacon利用実験」です。

ダウンロードはこちらから
Download_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40

神戸芸術工科大学プロダクトデザイン科のオープンキャンパスでのiBeacon利用実験Sense – receptor for iBeacon の初めてのイベントが登録されました。
6月15日に行われる「神戸芸術工科大学プロダクトデザイン科のオープンキャンパスでのiBeacon利用実験」です。
iBeaconを検知して映像を表示するように設定しています。

ダウンロードはこちらから
Download_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40

PictPrint for Android を 1.1.0 にアップデートしました。
キヤノン SELPHY CP910 に対応しました。
詳しくは、PictPrint for Android ページまで

PictPrint for iOS を 1.1.0 にアップデートしました。
キヤノン SELPHY CP910 に対応しました。CP910 のダイレクトモードにも対応しています。
詳しくは、PictPrint for iOSページまで

800x548

StripeCam の 3.0 を公開しました。
今回のアップデートで動画にも対応しました。また、新しい StripeCam は iOS7 以降専用ですので旧版は FREE にしてそのまま公開を続けます。
詳しくは、StripeCamページまで

apple_design

Designed by Apple in California の日本語版が出ていました。
私は最初の Mac を見た時の衝撃が忘れられないので、時として多少おかしな方向に行っても、ジョブズが出て行っても、やっぱり Apple に期待し続けられたと思う。
で、本当にいなくなってそりゃ少しは心配もしていたわけだけれど、もうそんな事は思わなくて良いよって言われた気がするのです。